Zoomウェビナーの登録方法を徹底解説!カスタマイズ方法も説明

「Zoomウェビナーのスケジュールやパネリストの登録方法が知りたい」と気になってはいませんか。

Zoomウェビナーをよく耳にするため、ウェビナーを開催する際に使用したいと検討している方もいるでしょう。

そこで、本記事ではZoomウェビナーにおけるスケジュールやパネリストの登録方法を解説します。

また、登録フォームのカスタマイズ方法も説明するため、Zoomウェビナーの利用を検討している方は参考にしてください。

Zoomウェビナーを利用する方法

Zoomウェビナーを利用するためには、有料プランに申し込む必要があります。

なぜなら、Zoomウェビナーは有料プランにオプションとして追加できる機能だからです。

有料プランは、以下の3つがあります。

  1. Pro
  2. Business
  3. Enterprise

以下の表に基本情報をまとめたため、参考にしてください。

プラン年間プランの料金(税込)月額プランの料金(税込)ミーティングの参加人数ホスト数
Pro22,110円2,200円最大100名1~9名
Business29,590円2,970円最大300名10~99名
Enterprise35,530円最大500名最低50名以上

さらには、有料プランに加えてライセンスを購入する必要があります。

ライセンスの基本情報は以下の通りです。

ウェビナーの参加人数年間プランの料金(税込)月額プランの料金(税込)
100名59,180円5,940円
500名207,020円20,680円
1,000名502,700円50,270円
3,000名1,463,660円146,410円
5,000名3,681,260円368,170円
10,000名9,594,860円959,530円

このように、Zoomウェビナーを利用するには、有料プランとライセンスを購入しましょう。

Zoomウェビナーにおけるスケジュールの登録方法

Zoomウェビナーでウェビナーを開催する場合、まずはスケジュールを登録する必要があります。

スケジュールを登録するためには、まずはZoomにアクセスしましょう。

左部分に表示される「ウェビナー」を選択して、「ウェビナーをスケジュールする」をクリックします。

ウェビナーの情報を入力する画面が表示されるため、必要な情報を入力しましょう。

入力項目は、以下の通りです。

入力項目入力内容
トピックウェビナーのタイトル
説明(任意)ウェビナーの概要
開催日時ウェビナーを開催する日時
所要時間ウェビナーを開催する時間の目安
タイムゾーン標準時を使う地域
定期開催ウェビナー定期開催するか
登録登録フォームの入力が必須になる
ウェビナーパスワードウェビナーに参加するためのパスワード
ビデオ/ホスト開始時に主催者のビデオをオンにするか
ビデオ/パネリスト開始時にパネリストのビデオをオンにするか
音声参加者がオーディオに参加する方法
ウェビナー/質疑応答参加者が質問できる機能
ウェビナー/実践セッションを有効にする主催者とパネリストによるリハーサル
ウェビナー/認証されているユーザーしか参加できませんZoomのアカウントを取得している人のみ参加できる
ウェビナー/自動的にウェビナーを録画する自動でウェビナーを録画するかどうか

以上の項目を順に入力して、画面下部に表示される「スケジュール」をクリックすれば、スケジュールの登録は完了です。

Zoomウェビナーにおけるパネリストの登録方法

Zoomウェビナーでパネリストに登壇してもらう場合は、あらかじめパネリストとして登録する必要があります。

パネリストを登録するためには、まずはZoomにアクセスしましょう。

左部分に表示される「ウェビナー」を選択して、パネリストを登録するウェビナーを選びます。

画面上に表示される「招待状」タブを選択して、「パネリストを招待」の行にある「編集」をクリックします。

パネリストの情報を入力する画面が表示されるため、「名前」と「メールアドレス」を指定の欄に入力してください。

最後に、画面下部に表示されている「保存」をクリックすれば、パネリストの登録は完了です。

Zoomウェビナーにおける登録フォームのカスタマイズ方法

開催するウェビナーへの申込画面を自由にカスタマイズできます。

登録フォームをカスタマイズするためには、まずはZoomにアクセスしましょう。

左部分に表示される「ウェビナー」を選択して、カスタマイズしたいウェビナーを選びます。

画面上部に表示される「招待状」タブを選択して、「承認」の行にある「編集」をクリックします。

そして上部の、「登録」タブを選択した画面から登録フォームをカスタマイズしましょう。

カスタマイズできる項目は、以下の通りです。

項目カスタマイズ内容
登録参加者に登録フォームへの入力を必須にするか
承認参加者の登録を自動で承認するか
通知参加者が登録したらホスト宛にメールが届く
その他のオプション/イベント日の後に登録締め切るウェビナーの終了日時以降に登録できないようにする
その他のオプション/登録者数を制限ウェビナーの参加できる定員を設定する
その他のオプション/複数のデバイスからの参加者の参加を拒否参加者が複数のデバイスから設定できるようにするか
その他のオプション/登録ページにソーシャルシェアボタンを表示登録フォームにTwitterやFacebookなどのシェアボタンを表示するか
トラッキングピクセル参加者が何人登録したか確認する

以上の項目を順に設定して、画面下部に表示される「全てを保存」をクリックすれば、登録フォームのカスタマイズは完了です。

Zoomウェビナーの登録フォームに質問を設定する方法

これまで登録フォームのカスタマイズ方法を解説しました。

次は、参加者に回答してもらう質問を登録フォームに設定する方法を説明します。

登録フォームには、以下の2種類の質問が設定可能です。

  1. 基本的な質問
  2. オリジナル質問

これより順に説明していきます。

基本的な質問の設定方法

登録フォームに基本的な質問を設定するには、まずZoomにアクセスしてください。

左部分の「ウェビナー」を選択して、画面に表示されるウェビナーの中から質問を設定したいものを選びます。

画面上部の「招待状」タブを選択して、「承認」の行にある「編集」をクリックしてください。

そして、上部の「質問」タブを選択して、質問を設定しましょう。

設定できる項目は、以下の通りです。

  1. フィールド
  2. 住所
  3. 市区町村
  4. 国/地域
  5. 郵便番号
  6. 州/都道府県
  7. 電話番号
  8. 業界
  9. 会社名/学校名
  10. 役職
  11. 購入時間フレーム
  12. 購入プロセスにおける役割
  13. 従業員数
  14. 質問とコメント

画面下部の「全てを保存」をクリックすれば、基本的な質問の設定は完了です。

オリジナル質問の設定方法

登録フォームにオリジナルの質問を追加するためには、まずはZoomにアクセスしましょう。

左部分に表示される「ウェビナー」を選択して、カスタマイズしたいウェビナーをクリックします。

画面上に表示される「招待状」タブを選択して、「承認」の行にある「編集」をクリックしましょう。

上部の「カスタムの質問」タブを選択して、「新しい質問」をクリックすればオリジナルの質問を作成できます。

Zoomウェビナーの登録に関するQ&A

この章では、Zoomウェビナーの登録に関するよくある質問に回答します。

紹介する質問は、以下の2つです。

  1. 参加者はZoomに登録する必要はある?
  2. ホストは参加者の名前を変更できる?

これより順番に回答していきます。

参加者はZoomに登録する必要はある?

参加者がZoomに登録しなくても、ウェビナーに参加できるように設定できます。

ウェビナーのスケジュールを登録する際に、「ウェビナー/認証されているユーザーしか参加できません」の項目のチェックボックスを外しましょう。

チェックボックスを外しておくと、Zoomアカウントを持っていない人でもウェビナーに参加できるのです。

ホストは参加者の名前を変更できる?

ホストはウェビナーに参加した人の名前を変更できます。

参加者の名前を変更するためには、ウェビナーの開催画面の下部に表示される「参加者の管理」を選択してください。

ウェビナーに参加している人の一覧が表示されるため、変更したい参加者にカーソルを当てて、「名前の変更」をクリックします。

名前の入力欄が表示されるため、希望の名前に変更しましょう。

Zoomウェビナー以外に登録フォームを簡単に設置できるツール3選

これまでZoomウェビナーの登録フォームのカスタマイズ方法などを紹介しました。

しかし、Zoomウェビナー以外にも便利なウェビナーツールは存在するのです。

よく耳にするからとZoomウェビナーを選ぶのではなく、他のウェビナーツールと比較して決めましょう。

この章では、Zoomウェビナー以外に登録フォームを簡単に設置できるツールを3つ紹介します。

紹介するウェビナーツールは、以下の3つです。

  1. ネクプロ
  2. V-CUBE セミナー
  3. コクリポ

これより順番に紹介していきます。

ネクプロ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b164e708fb67fc0ee21995fbd29a5dd4.png

ネクプロの公式ホームページで詳しく見る

ネクプロ」は、ランディングページを自動で生成できるウェビナーツールです。

登録フォームやアンケートフォームを詳細にカスタマイズできるため、貴重な参加者の情報を入手できます。

その他にも、コンテンツの閲覧履歴やアーカイブの視聴履歴を分析して、今後のマーケティングに活かせる点も魅力です。

これらより、「ネクプロ」は少ない手間で効果的なウェビナーを開催できるウェビナーツールです。

V-CUBE セミナー

V-CUBE セミナーの公式ホームページで詳しく見る

V-CUBE セミナー」は、登録フォームを簡単に作成できるウェビナーツールです。

ウェビナー中にスムーズに資料を共有できるため、開催前に資料をアップロードする手間がかかりません。

また、専用のアプリケーションをダウンロードしなくても、ブラウザから参加できる点も魅力です。

コクリポ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 920e3e053b09de815e0747b483c41ebe-1.png

コクリポの公式ホームページで詳しく見る

コクリポ」は、登録フォームを自動で作成できるウェビナーツールです。

ウェビナー名や開催日時・参加可能人数など基本情報を設定すれば、自動的に登録フォームが完成します。

ウェビナーツールとは別で登録フォームを作成したり、追加で作成費用を支払ったりする必要はないのです。

また、1時間当たり3,300円(税込)でウェビナーを開催できる点も嬉しいポイントです。

まとめ:登録方法を理解して効率的にウェビナーを開催しよう

本記事では、Zoomウェビナーにおけるスケジュールやパネリストの登録方法を解説しました。

スケジュールやパネリストの登録は、ウェビナーの開催に必要であるため、必ず理解しておきましょう。

また、登録フォームのカスタマイズ方法も解説しました。

登録フォームのカスタマイズを工夫して、効果的なウェビナーを開始してください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: banner003.png

アドビ株式会社様のネクプロ活用事例動画」を配信中です。

これからウェビナー配信を活用していきたい方は、ぜひコンテンツの作り方の参考にしてください。

関連記事

  1. ウェビナーのブレイクアウトルームって?メリットや活用例を紹介

  2. 手上

    Zoomウェビナーの「手を挙げる」機能とは?主催者・参加者別に解説!

  3. ウェビナーのアンケート機能を活用しよう!質問項目・回答率アップのコツ

  4. Zoomウェビナーの基本画面の機能8つ!操作方法も紹介

  5. 決済

    ウェビナーで利用できる、おすすめの決済システム

  6. ウェビナーツール10選を徹底比較!選び方やメリットも解説!

ウェビナーカレンダー

10月 2021
MOTUWETHFRSASU
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
23
24
25
30
31